2010年02月09日

宮古・八重山地方で震度3 震源は石垣島近海(産経新聞)

 7日午後3時10分ごろ、沖縄県の宮古・八重山地方で震度3を観測する地震があった。気象庁は同地方に津波注意報を出した。

 気象庁によると、震源は石垣島近海で震源の深さは約10キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6.6と推定される。

 各地の震度は次の通り。

 震度3=沖縄県宮古島、石垣島、与那国島、西表島

【関連記事】
「人のいる空間守れ」ローコスト耐震化実証 京大防災研
「学校耐震化優先すべき」神戸市長、予算削減に苦言
ハイチ大地震、震源浅く被害拡大か 科学者から発生警告も
省庁のホームページ “シミュレーション”もので広報効果アップ
阪神大震災めぐり対談 関西プレスクラブ定例会

小沢氏の喚問要求も=大島自民幹事長(時事通信)
ビル放火サンタは「トラブルあった」会社員(読売新聞)
「通勤途中に還付申告を」 大阪国税局(産経新聞)
小沢幹事長の続投「考えに変わりない」と首相(読売新聞)
児童虐待死再発防止へ 江戸川区が対応検証へ(産経新聞)
posted by ムライシ ミツヒコ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

<山口大不正経理>詐欺容疑で教授を告訴へ(毎日新聞)

 山口大(本部・山口市)の公的研究費を巡る不正経理問題で、同大は5日、同大大学院理工学研究科の男性教授が物品納入業者と約5年間で計1億3000万円の架空取引を行ったとして、詐欺容疑で刑事告訴する方針を明らかにした。一部は私的流用をした疑いがあるという。同大調査委員会の聴取に対し、教授は「私的流用はしていない」と否定しているという。

 同大財務部によると、教授は04年9月〜09年12月、業者と共謀して研究に必要な消耗品など物品の架空取引を繰り返し、国などから交付された研究費計1億3000万円を不当に支払わせた疑いがあるとしている。教授と業者は伝票や納品書を偽造し、発注した商品とは別の物品を購入していたとみられる。

 同大の発注方法は、50万円以下の物品は教授自ら業者と随意契約できるため、少額の架空取引を繰り返したとみられる。

 さらに同大は「教授が実際に何を購入したか現物を確認できないものがあり、私的流用を否定できない」として、5日の役員会で告訴を決定した。この教授は3月末に定年退職する予定だ。【中尾祐児】

【関連ニュース】
奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死の疑い
詐欺:預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ
裏金接待疑惑:前福岡県副知事を任意で事情聴取
賠償訴訟:被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決
詐欺容疑:旅館買収巡り3億円、桑田さんの元義兄逮捕

【剛腕の実像 小沢氏不起訴】(中)「力は…」「ザル法」利用 党費独占(産経新聞)
下水処理水を輸出=中東などの農・工業用−空荷のタンカーで輸送・国交省検討(時事通信)
<愛媛県高野連>甲子園の定宿「尼宝館」を表彰 昨秋閉館(毎日新聞)
車内での嘔吐叱られ立腹 タクシー運転手に暴行の男逮捕(産経新聞)
<諫早湾干拓事業>国、県に開門要請へ 反対派漁協方針転換(毎日新聞)
posted by ムライシ ミツヒコ at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。